不動産

外壁塗装で家の寿命を延ばす|僕の住まいはスマイル空間

補修内容で塗料変わる

スタッフ

家の外壁というのは案外劣化速度が早く、外観は傷みがないように見えても、紫外線や風雨に晒される外壁は年々、塗装機能が弱くなっています。更に、汚れが目立つようなら、塗替え時期のサインと言えます。気になるのが工事価格ですが、塗料の種類や工法で価格に大きな幅が出てきます。使用する塗料で外壁の耐用年数も変わってきますので、じっくり相談できる業者選びが大切です。

外壁塗装など工事を発注するお客様自身も塗装に関する必要最低限の知識を知っておくことが必要です。知っていただくと修繕工事費用や塗装工事が把握しやすいです。また住宅塗り壁にも良い空間に調湿や消臭機能を持ったものを取り入れていきます。断熱効果を発揮するものなど機能面に優れた塗料もあります。塗り壁の種類には、それぞれ役割を持った樹脂層をコーティングし塗り重ねて膜を作ることです。また塗り壁の状況で塗装工事の価格も違ってきます。またお客様が外壁の色や仕上げ用塗料を決めることが必要になります。もし自分で決めきれないのであれば、業者に一任するという方法もあります。ただ少しでも希望や何かしらの疑問があるのであれば、逐一聞いておきましょう。

塗り壁の種類には沢山あります。代表的にはモルタルや金属系サイディングがALCです。モルタルはセメントに砂と水を練り混ぜて作ったものです。モルタル自体に防水性がほとんどない為に、その上で塗装することで雨水の浸入を防ぎます。また塗装が劣化してくると徐々に水分を吸収し建物の構造体に自体の劣化を招きます。そのために定期的な塗り替えが必要です。またひび割れにはシーリング材や樹皮モルタルを注入します。このように住宅の外壁の素材や工法により、補修内容や使用する塗料が異なります。